toggle

指導者の一言

4

運動プログラム

当教室では多くのプログラムの中から子ども達のレベルに合ったものを選択し提供しています。「腕で身体を支える」 ことができる子どもが多いクラス、「両足ジャンプと片脚ジャンプの区別」 ができている子どもが多いクラスなど子どもの運動能力、体力レベルは様々です。画一的なプログラムではなく、得意な部分は更に伸ばし、逆に不得意な部分は改善・習得できるようにプログラムを選択して指導します。
指導者は子どもの動きを観察し、必要な技術、能力を様々な手具や器具を使いレッスンを進行していきますので、子供たちは常に新しい気持ちでレッスンに参加できるようになり、教室に通うのが楽しくなります。

レッスン内容

体操は、腕で身体を支える、頭を逆さまにして回転する、空中に跳び上がるなど非日常的な運動が多い為、自身の身体をコントロールする能力を伸ばすことができます。

[キッズクラス] は、ボールや輪などの手具を多く利用し、言葉の説明より見て真似をさせる、遊びの要素を多く取り入れながら鉄棒、跳箱、トランポリンなどの器具や手具を使用し運動能力を高めていきます。集団で行動することも学んでいきます。

[ジュニアクラス] は基礎運動を必ず行います。器具や物を利用し、身体を伸ばす、丸める、支えるなど動きが連動するように導き、体育の授業でおこなわれる技を習得していきます。跳び箱、鉄棒、マット運動ができると体育の授業が楽しみになります。